E220-900T22S(JP) Q&A 集

Q.E220-900T22S(JP) のためのサンプルプログラムはありますか?

A.以下のページのダウンロード・サポートにて、サンプルコードをダウンロードしていただけます。

LoRa通信モジュール(E220-900T22S(JP))


・Raspberry Pi用 Python サンプルコード
・ESP32・Arduinoライブラリ
・Raspberry Pi Pico 用 micro Python サンプルコード


Q.送受信プロトコルで’ACK’などを利用する場合のサンプルなどはありますか?

A.’ACK’等を利用する場合は、アプリケーションに合った通信プロトコル設計が必要になりますので、 疑似コード をご参考にしてください。



Q.使用するアンテナは、他社製や独自で用意するものは使えますか?

A.弊社からご案内しているアンテナ以外は、お客様の責任にて電波法の下ご判断ください。


設計認証では、アンテナの登録が必須(セット)になっておりますため、他社製含む、登録認証済みのものを弊社からアンテナリストとしてご案内しています。
アンテナ利得は、原則 3dBi以下となります。
独自アンテナの利用は、弊社での取得済みの設計認証の範囲を超えますので、お客様の責任にて電波法の下ご判断ください。


Q.E220-900T22S(JP) は、Air送信中に同時にAir受信もできますか?

A.送信中には同時に受信はできません。内部で、RFスイッチにより切り替え、遮断されています。



Q.トランスペアレント送信モードで連続して送受信を行うと、AUXがLowになったままで送受信ができなくなります。
何か解決策はありますか?

A.解決策は2つあります。


1.トランスペアレント送信モードで使用を継続する場合は、コンフィグ設定にてRSSI環境ノイズの有効化を行っておき、データ受信した後は、必ず1度、RSSI環境ノイズを取得するコマンド(<00><02>)を送ることで(データシート REG1のRSSI 環境ノイズの有効化の記載部部分を参照)、AUXがLowになりっぱなしにならずにデータ送受信できるようになります。(このコマンドは、mode0のまま、AUXがLowの状態でも送信できます。)

2.トランスペアレント送信モードではなく、アドレス、チャンネルを指定する固定送信モードの使用時には、この現象は発生しません。
(連続通信など本格的な使用については、トランスペアレント送信モードは推奨いたしません。)


Q.E220-900T22S間のデータ送信時間を教えてください

A.サブパケット長別に、BW値、SF値の設定によって変わるAirデータ送信時間の表になります。ダウンロードしてご確認ください。


LLCC68-LoRaデータ送信時間表


Q.LoRa通信モジュール(E220-900T22S(JP))のサイズについて、パッドの並びの長編の合計が26.0mmではなく、26.03mmになりました。正しいのでしょうか?

A.モジュールのサイズは、±0.1mmの誤差がございます。


データシートに記載されている数字を合計した場合、26.03
(2.00+1.27+1.27+1.27+1.27+1.27+1.27+1.27+11.2+1.27+1.27+1.40)となりますが、誤差±0.1mmに収まるため、正しい情報となります。
詳細は、
https://dragon-torch.tech/wp-content/uploads/2023/08/module_size.pdf

をご確認ください。


Q.LoRa通信モジュールの設定は内部記憶されると理解していますが合っていますか?電源投入毎に設定しなければならないのでしょうか?

A.設定されたパラメータは電源OFF後も保存され、電源ON後は保存されたパラメータで動作します。


アプリケーションの信頼性を高めるためには、電源ON時には設定をしなおすのが良いです。


Q.LoRaモジュールを搭載した機器を複数台利用する場合、機器のアドレスは機器固有にした方が良いですか?

A.送信側、受信側で同じアドレスで送受信できますが(チャンネルは同じ場合)、基本的には機器ごとに変えるのが良いです。


例として、送信側(基地局など)でブロードキャスト送信(アドレスOxFFFF指定)で同チャンネルの受信側全機器向けに送信し、受信側からの応答データに自機アドレスを付加することなど、アプリケーションの拡張性に活かすことができます。


Q.E220-900T22S(JP)には,MACアドレスのようなあらかじめ設定された装置固有の番号はありますか?

A.E220-900T22S(JP)に固有情報はございません。


プログラムによる動作モードの設定(レジスタ設定)でLoRaモジュールの自機アドレスを設定することやアプリケーションで独自に決定する自機デバイスIDにより固有のIDとして運用することが必要になります。


Q.基地局と遠隔局の双方向の送受信において、同じチャンネル、別チャンネルどちらが良いですか?

A.アプリケーションの設計(送受信の頻度、データ長など)によっても違いますが、別チャンネルでの運用をおすすめします。


送受信で帯域やパラメータが重複しますと、通信機器が増えたときに伝送空間帯域を多く消費して、送信待ちや混信が増加するため、ソフトでの対処がより必要になります。送受信の頻度が低い場合には、問題になることも少ないと言えますので、設定条件と対応策のバランスになります。


Q.複数のLoRa子機から一斉にLoRa親機にデータ送信した場合、親機は全データを受けとることはできますか?

A.送信タイミングをずらすことで、複数の端末のデータを受信することができます。


完全に同じタイミングで送信した場合は、送信電波が輻輳することになりますので、LoRa通信の仕組み上、RSSI(受信信号強度)が一番高いパケットの送信端末1台のデータを復号でき、受信できるかもしれませんが、送信タイミングをずらすことで、複数の端末のデータを受信することができます。


Q.LoRa親機が同時に受け入れることができる子機の数は?

A.親機側の受入数の制限はありません。


親機側の受入数の制限はありませんが、厳密には送信サイクル内にずらして送れる数が上限となります。
※送信データ量、各種パラメータおよび送信サイクル時間等で上限が決まる形となります。


Q.LoRa通信モジュール(E220-900T22S(JP))は、LoRaWANに接続できますか?

A.LoRaWANには接続できません。


当社LoRa通信モジュール(E220-900T22S(JP))は、Private LoRa用のモジュールとなります。LoRaWANには接続できません。当社モジュール同士でご利用ください。


Q.近隣でLoRaの利用が行われている場合、影響はありますか?

A.影響する可能性があります。


LoRaを含む全ての920MHz帯無線機器の影響を受ける可能性があります。影響がある場合は、チャンネルを調整するなどの調整をお願いします。


Q.Air伝送の送受信データを確認できる専用のアナライザはありますか?ない場合は、どのようにすれば確認できますか?

A.専用のアナライザはございません。本モジュールのアプリケーションにおいて、Air伝送を検証される方法は本モジュールを使ってモニタリングを行うこととなります。


Air伝送のモニタリングを行う方法としましては、弊社製品サイトの「LoRaモジュール評価ボード 利用ガイド」https://dragon-torch.tech/cat-components/rf-modules/e220-900t22s-jp-ev1/にあります、ダウンロード・サポートで、LoRaモジュール評価ボード ご利用方法 ver.3 (Raspberry Pi用サンプルコード付き)[ZIP]をダウンロードしていただき、その中の受信スクリプト(receive.py)を
・LoRa無線USBドングル(USB_E220_900T22S)上で、
あるいは、サイトにありますように、
・RasPi+ LoRaモジュール評価ボードを用いて
実行していただき、受信パケットのHEXダンプでご確認いただくことがよろしいかと存じます。
このとき、モニタのLoRaモジュールのOwnAddressを0xFFFFにしていただくことで、複数子機のパケットを受信できます。


Q.E220-900T22S(JP)-EV1を購入しました。モジュールの設定などをせず簡単に動作確認する方法はありますか?

A.出荷時のデフォルト設定での動作を以下の方法で実施できます。


E220-900T22S(JP)-EV1+ホスト(PCあるいは開発用デバイス)で送信、受信のペアをご用意いただき、モジュールのVCCを5Vに、GND、M0、M1 を GND につなぎ、TXD、RXDをそれぞれ接続。PCであればCOMxx(xxはポート番号)が認識できるターミナルアプリを利用すれば、キーボードからのデータの送受信ができます。開発用デバイスでは、UARTを利用した送受信のコードを書くことで送受信が確認できます。


TOP